郡敏子

初級ロシア語1 担当

もう何年になるのか忘れたぐらいに長い、名古屋大学 でのロシア語授業の担当。その私の毎年の楽しみは、学生を「落とす」こと。といっても、「単位を落とすこと」ではない。学生を、「ロシア語への恋に落とす こと」である。これが出来れば、私の任務は無事完了。 落ちた学生には、ロシア語を伴った、より拡大された人生が扉を開き、仕掛け役の私はこの上ない喜び に浸れる。このホームページで、少し、私の授業の指針を紹介したい。この授業は、ロシア語の基礎、アルファベットと発音から入るが、学生達に遠回りをさせ ないために、始めから細かなコツも含めて丁寧に伝えていく。

ロシア語のイン トネーションの豊かなパターンもしっかりと分かりやすく伝える。クラスのカラーは毎年変わり、個性も人数も様々なのだが、「変わらない指針」「私の目安」 みたいなものが一つある。 それは、「前期を終えた夏休みに、このクラスの誰かが急にロシアに行くことになったら…?!」という、ワクワクする「仮定」。   <そんなチャンスには、ロシアでの滞在を、ロシア語を出来るだけ使うことで最大に楽しんで欲しい。>・・・こんな思いを指針にして、授業を進めてい る。もちろん、夏休みに「それ」がなくても全くOK。そのままずっと、「恋人=ロシア語の勉強」を続ければ良い。名大には他にもロシア語の授業が開講され ている。 それを受けながら学び、自習も続け、「各自のロシア語」を、頼れるパートナーに育てていってもらいたい。ロシア語は、ほんとうに美しくて素敵。  長く付き合っていく値打ちは充分にある!!と、思っている。さあ、少し心が波立った貴方、ロシア語を始めてみませんか?